オックスフォード・インストゥルメンツツの一部
拡張
金属、合金、複合材料、セラミクス

材料の製造や処理の最終目標は、極めて特殊な性質を持つ材料を生産することにあります。多くの場合、それは高強度、軽量で、ある程度の生産性も確保できる材料を意味します。こういった目標を具現化するには、材料の微細領域の解析が必要であり、材料開発や品質管理の重要な要素となります。解析の対象には、材料の化学成分、相組成、結晶構造、結晶ひずみなどが含まれます。

オックスフォード・インストゥルメンツは、このようなハードルの高い市場に対して高機能材料を供給するために必要な解析ツールを提供します。例えば、大量生産される材料の検査結果を統計処理するため広範囲にわたるサンプル調査が必要なことがよくあります。Aztec 広域マッピングソリューションがこれを可能とし、数百枚の画像データを自動的に収集・解析・合成して、サンプルの正しい全体像を提示します。

さらには介在物や相変態の自動解析・自動判別も標準仕様化されています。例えば鋼中介在物の特定などもその一つです。

加えて、高機能材料では材料の処理過程での結晶粒径の微細化に対応したナノスケールでの特性評価が求められます。オックスフォード・インストゥルメンツはこれに役立つ以下の検出器を開発しました:

アプリケーションノート

Oxford Instruments が関与した金属、合金、複合材料およびセラミクスのアプリケーションノートはこちら

AZtec Grain Analysis

The grain size is an important parameter of a material, it will strongly affect mechanical and physical properties. Understanding how grain size is influenced through the processing of materials, can assist in engineering materials with optimised properties.

Download
Applying nanomanipulation to the EBSD analysis of a gold wire

This application note describes a method of combining Oxford Instrument’s OmniProbe tools and AZtec EBSD system for the manipulation and analysis of a 5μm diameter gold microelectronic wire sample.

Download
Phase characterisation of an Aluminium Alloy using EDS

The AutoPhaseMap module in the Oxford Instruments’ EDS software, AZtecEnergy, automatically finds areas of different characteristic composition from X-ray map data, and determines the distribution, area, constituent elements and composition of each of these areas or phases. This application note examines how this can be used to characterise an aluminium alloy and its inter-metallic phases.

Download
Phase characterisation of nanoscale intermetallic phases in a Ni-based alloy

This application note examines how AutoPhaseMapcan be used to investigate the chemistry and distribution of nanoscale intermetallic phases in a Ni-based alloy which are on the scale of 150-1000 nm.

Download

関連製品

アプリケーションに関するお問い合わせはこちら