オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
金属、合金、複合材料、セラミクス

材料の製造や処理の最終目標は、極めて特殊な性質を持つ材料を生産することにあります。多くの場合、それは高強度、軽量で、ある程度の生産性も確保できる材料を意味します。こういった目標を具現化するには、材料の微細領域の解析が必要であり、材料開発や品質管理の重要な要素となります。解析の対象には、材料の化学成分、相組成、結晶構造、結晶ひずみなどが含まれます。

オックスフォード・インストゥルメンツは、このようなハードルの高い市場に対して高機能材料を供給するために必要な解析ツールを提供します。例えば、大量生産される材料の検査結果を統計処理するため広範囲にわたるサンプル調査が必要なことがよくあります。Aztec 広域マッピングソリューションがこれを可能とし、数百枚の画像データを自動的に収集・解析・合成して、サンプルの正しい全体像を提示します。

さらには介在物や相変態の自動解析・自動判別も標準仕様化されています。例えば鋼中介在物の特定などもその一つです。

加えて、高機能材料では材料の処理過程での結晶粒径の微細化に対応したナノスケールでの特性評価が求められます。オックスフォード・インストゥルメンツはこれに役立つ以下の検出器を開発しました:

アプリケーションノート

Oxford Instruments が関与した金属、合金、複合材料およびセラミクスのアプリケーションノートはこちら

類似の結晶構造を持つ鉱物の迅速な特性評価

電子後方散乱回折(EBSD)とエネルギー分散型X線分光法(EDS)を組み合わせて地質学的試料の特性を調べることで、試料の形成や履歴に関するより多くの情報を得ることができます。
(日本語アプリケーションノート)

ダウンロード
金線のEBSD解析のナノマニピュレーションへの応用

このアプリケーションノートでは、オックスフォード・インストゥルメンツのOmniProbeツールとAZtec EBSDシステムを組み合わせて、直径5μmの金マイクロエレクトロニクスワイヤサンプルのマニピュレーションと分析を行う方法について説明しています。

ダウンロード
EDSを用いたアルミニウム合金の相特性評価

オックスフォード・インストゥルメンツのEDSソフトウェアAZtecEnergyのAutoPhaseMapモジュールは、X線マップデータから特徴的な組成の異なる領域を自動的に検出し、これらの領域または相のそれぞれの分布、面積率、構成元素、組成を決定します。このアプリケーションノートでは、アルミニウム合金とその金属間化合物の特性評価にどのように使用できるかを検討します。

ダウンロード
Ni基合金中のナノスケール金属間化合物の相分析

このアプリケーションノートでは、AutoPhaseMapを使用して、150~1000 nmのナノスケールのNi基合金中のナノスケールの金属間化合物の化学と分布を調査する方法を検討しています。

ダウンロード
AZtecによるグレイン解析

粒度は材料の重要なパラメータであり、機械的・物理的特性に大きく影響します。材料の加工を通して粒度がどのように影響を受けるかを理解することで、最適な特性を持つ材料を設計することができます。
(日本語アプリケーションノート)

ダウンロード

関連する製品

アプリケーションに関するお問い合わせはこちら