オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

EDSを用いたアルミニウム合金の相特性評価

オックスフォード・インストゥルメンツのEDSソフトウェア「AZtecEnergy」のAutoPhaseMapモジュールは、X線マップデータから特徴的な組成の異なる領域を自動的に検出し、これらの領域または相のそれぞれの分布、面積、構成元素、組成を決定します。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • アルミニウム合金とその金属間化合物の特性評価にどのように使用できるか。
  • サンプル調査の一環としてAutoPhaseMapをリアルタイムで使用する方法

*このアプリケーションノートでは、AZtecEnergyについて説明しています。現在、AZtecLiveにアップグレードされました。

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >