オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
金属、合金、複合材料、セラミックス
スチールロッド素材の品質管理

この例は、構造物の建築用途でスチールロッドが使用されていた土木工学のアプリケーションからのものです。  加工中に異なる挙動を示すスチールロッドの異なるバッチが発見され、良い材料と悪い材料の違いを理解するためにEDSとEBSDが使用されました。

このアプリケーションは吊り橋で使用されるスチールケーブル用に製造されたスチールロッド素材を検査しています。

この材料は高強度、可塑性、靭性及びねじりがある必要がありますが、ある実施例では棒がねじりテストに失敗することがわかりました。

性能の良い例と悪い例の両方があったため、ミクロスケールでのどの材料特性がマクロスケールでの挙動に影響を与えているかを特定するために、異なる材料間の比較が行われました。

そのため、粒径や構造、介在物の特性など、いくつかの特性を調べました。  

ロッドの特性を完全に評価するためには、大規模なサンプルエリアでデータを収集する必要があります。  これは、ロッドの中心から端までの化学的、粒度、ひずみの系統的な変化をモニターできることを意味します。

最初の分析では、500以上の個々のフィールドが分析されました。  その後、これらのフィールドをモンタージュして最終的なマップを作成しました。

ロッドの直径は>1cmでした。 四分の一の領域を解析するために、AZtec大面積マッピングが使用し、それらをモンタージュして調査しました。 

これをピレリ法を用いた自動化された介在物分類と組み合わせて、鉄鋼がどれだけ清浄であるかを示しました。

EBSDとEDSの結果を組み合わせることで、ロッドの違いを特定し、ねじり破壊の潜在的な原因を特定することができました。  これにより、処理される前にスチールロッドの原材料をスクリーニングすることが可能になりました。

鋼線の粒度解析

本研究では、AZtecHKLを用いて亜鉛めっき鋼線の粒径と微細構造を解析しました。この結果は、材料の性能を向上させることができる結晶粒微細化プロセスを理解し、制御する能力を開発する上で重要な意味を持っています。

ダウンロード

お問い合わせはこちら