オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

AZtecによるグレイン解析

粒度は材料の重要なパラメータであり、機械的・物理的特性に大きく影響します。材料の加工において粒度がどのように影響を受けるかを理解することで、最適な特性を持つ材料を設計することができます。

現在の開発は、ナノスケールまでなるような粒径が小さくなっている材料に向けて行われています。従来の粒度測定方法は、ナノスケールの材料にすべてが適しているわけではありませんが、EBSDとSEMの組み合わせは理想的なソリューションとなります。EBSDのこのアプリケーションは新しいものではありませんが、この技術がより普及するにつれ、常に正確な結果を提供する堅牢なソリューションを開発することが求められています。オックスフォード・インストゥルメンツ社のAZtec EBSDシステムは、このアプリケーションのための信頼性と柔軟性に優れた専用の粒度分析モードを備えています。

このアプリケーションノートでは、AZtecのグレイン解析を実証する2つのアプリケーションをご紹介します。:

  • 折り畳まれたAl合金の回復・再結晶による結晶粒の解析
  • スポット溶接された鋼の粒度変化

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • AZtecのグレイン解析モードが、グレインを正確に識別し、粒度を測定するための理想的なツールであることをご紹介します。
  • AZtec Grain Analysisの最適化により、データ取得後すぐに簡単、迅速、信頼性のグレイン解析を実現する方法

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >