オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

類似の結晶構造を持つ鉱物の迅速な特性評価

地質材料には、存在する相、粒のテクスチャ、粒の向きなど、それらがどのようにして形成されたかに関する貴重な情報や手がかりが数多く含まれています。電子後方散乱回折(EBSD)とエネルギー分散型X線分析法(EDS)の技術を組み合わせて、鉱物サンプルの特性を最大化し、迅速に調べることができます。

一般的に地質試料のEBSD分析は、多くの鉱物相において回折信号が弱くなるために、収集速度が制限されてしまうことがあります。EBSDとSymmetry®検出器の最近の進歩は、高速で高品質な回折パターンの収集を可能にすることで、これらの困難を克服しました。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • 地質試料分析のためのEDSとEBSDの概要
  • サンプル特性評価のためのEDSとEBSD技術の組み合わせ
  • 鉄鉱石サンプルの微細構造情報の例

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >