オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
金属、合金、複合材料、セラミックス
品質管理:アルミ缶製造

アルミ缶製造に使用されるアルミ板の加工は、廃棄物を最小限に抑える必要がある、低コストで大量生産が可能なアプリケーションです。  EBSDとEDSを使用することで、アルミニウム板のモニタリングを通じてこれを達成することができます。

アルミ缶製造に使用されるアルミ板の加工は、低コストで大量生産が可能なアプリケーションです。  その結果、アルミニウム板の使用を最大限に活用することが最も重要となります。アルミニウム中の特定の二次相や介在物の蓄積は、アルミニウム加工中に形成される質感に悪影響を及ぼすことが知られており、アルミニウム板の一部が無駄になる(缶に製造できない)などの問題があります。

EBSDとEDSを適用することで、介在物を正確に識別することができます。さらに、位置、分布、相分率の正確な測定も可能です。これらのツールを使用してアルミニウム板の品質を監視することで、アルミニウム缶の製造プロセスを監視し、その効率を最大化するために制御することができます。

Alマトリックス中の介在物は、二次電子像で見ることができます。  EBSDとEDSを組み合わせて、これらの沈殿物の性質を識別するために適用され、缶材の位置と存在率を決定するためにマッピングされます。

お問い合わせはこちら