オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

AZtecWave

AZtecWaveは、スピーディでフレキシブルなEDS分析に、WDS独自のピーク分離や微量元素定量の能力を組み合わせます。EDSとWDSのスペクトロメーターはAZtecのソフトウエア中で統合させた形で操作することができます。様々な分野の方にも使いやすく、さらにTru-Q®スペクトル処理技術で正確な解析ができます。AZtecWaveは微小領域分析の中で特に難しい分析に対しても、正確な結果を迅速に提供することができます。

  • さらに正確な定性・定量分析

  • 数十ppmまでの微量元素の検出と計測

  • すべての元素の正確な定量分析

  • EDSとWDSを完全に統合させたAZtecプラットフォームのワークフロー

  • EDSとSEMの条件から、最適なWDS分析条件を自動計算


お問い合わせ

AZtecWave

新しいレベルの精度と感度

  • EDSスペクトルでは解決のできない元素ピークを正確に検出、分析
  • 数十ppmレベルの微量元素の検出と計測
  • 様々な濃度の元素の正確な定量分析
  • 主要元素分析はEDS、オーバーラップピークや微量元素はWDSで
  • 金属学、電子工学、鉱物学/地質学、セラミックス、法科学、原子力発電など広い分野における難しい分析を解決

すべてのユーザーに使いやすく

  • EDSとWDSを完全に統合させたAZtecプラットフォームのワークフロー
  • EDSとSEMの条件から、最適なWDS分析条件を算出する新しい技術。最短時間で優れた結果を保証します。
  • 照射電流量、収集時間、定量精度の3つの要素から事前に分析条件を確認、最適化。
  • 熟練した方向けのマニュアルコントロール
  • EDS-SEMの情報から分析条件を自動計算:

EDS-WDSを統合した定量分析のために

  • 収集時間
  • 特性X線のライン
  • 分光結晶
  • バックグラウンド位置
  • EDS収集条件
  • EDS検出器位置
Optimise_WDS_collection_Settings

    定性WDSスペクトルスキャンのために

    • 分光結晶
    • スリットサイズ
    • スリットポジション
    • デュエルタイム

    全元素における優れた分析精度

    TiV scan 1000 dwell 0.2 slit size

    AZtecWaveとWave WDSスペクトロメーターは、SEM上で真の電子線マイクロアナライザの能力を発揮します。

    • 全エネルギーの特性X線に最適化。分析にふさわしいX線ラインを自由に選べます。
    • 遷移金属のK線など、主要なピークオーバーラップの解消。
    • すぐれた検出下限値をもっとも小電流、短時間で実現。

    AZtecLive EDSソフトウエアと統合した解析

    • Tru-Q技術により、最大400,000cpsのEDSカウントレートで電子線マイクロアナライザレベルの定量精度を提供します。
    Quant results

    AZtecWaveのEDSとWDSの組み合わせで測定されたステンレス鋼の組成。

    Co Fe overlap 4000 dwell 2 bin compare

    0.1 wt%のCoを含む超合金に存在するCo KαピークのWDSスキャン。


    スペクトロメーターの設定

    Tru-Q技術により、最大400,000cpsのEDSカウントレートで電子線マイクロアナライザレベルの定量精度を提供します。

    • 初心者でも簡単に操作
    • 安全な操作
    • システムのセットアップを迅速に
    • 最適な性能を保証

    性能試験レポートの出力(例:公認機関への報告など)


    PbS_scan

    定性スペクトルスキャン

    Waveスペクトロメーターを使ったWDSスペクトルスキャンの簡単なセットアップと収集のための一連の手順

    • スキャン範囲は、スワイプツールを使って簡単に設定できるほか、候補となる元素のラインを選択することもできます。
    • 選択されたエネルギー範囲に基づいて、分光結晶、スリットサイズ、スリット位置が自動的に最適化されます。
    • 収集前に理論的なスキャン結果が表示されるので、スタートボタンを押す前に設定を確認し、調整することができます。
    • デュエルタイムは0.005~50秒の間で設定でき、主要元素から微量元素までスキャンによって識別することができます。
    • WDSスキャンとEDSスペクトルの両方をレビューし、比較することができます。

    定量分析

    EDS/WDSを組み合わせたデータ収集と定量分析に特化した専用ワークフロー

    • 対象物のEDS分析結果から、自動でEDSおよびWDSのすべての収集パラメータを最適化。
    • 「取得タイムライン」で収集設定中の分析見積時間とデータ収集中の状態を表示。
    • 高度な分析オプション - WDS収集やEDSスペクトルの追加など。
    • 単一または複数定量結果の表示および確認を行う「組成の計算」ステップ
    • EDSスペクトルデータを基にした合成WDSスペクトルによる評価。ピークオーバーラップ、および収集に適したX線ラインとバックグラウンド位置の確認に。
    収集タイムライン

    スタンダード化

    正確な定量分析のために、標準試料でシステムを校正するためのガイド付きワークフロー

    • 最適な分析条件が自動的に計算されます。
    • オックスフォード・インストゥルメンツの42および56元素の標準試料ブロックの構成とマップがあらかじめ登録済み。ステージナビゲーションを簡単にし、スピーディなセットアップのため
    • 電流とEDSカウントとの関連付け。EDS-WDSを組み合わせた絶対定量に対応。
    AZtecWave
    スペクトロメーターの設定
    定性スペクトルスキャン
    定量分析
    イメージ登録とナビゲーション
    スタンダード化
    試料交換とスペクトロメーター終了のためのフロー
    WDSスペクトルシミュレーション
    WDS収集タイムライン
    EDSによる収集条件自動設定
    電流量/収集時間/分析精度による設定
    WDS X線マップ INCA Energy+ (オプション)

    WDSのアプリケーション

    波長分散X線分析装置(WDS)は、固体試料の組成の定量的評価、特に微量元素濃度の正確な計測が求められるアプリケーションに適しています。冶金学、地質学、電子工学、半導体、法医学、エネルギー生成・貯蔵など幅広い分野で使用されています。AZtecWaveは、WDSとEDSの分析を組み合わせ、SEMをベースとした汎用性の高い非破壊組成分析を可能にします。

    詳しいアプリケーションを見る

    ビデオ

    AZtecWave


    AZtecWave - extend the capability of your SEM

    SEMの難しい課題に対して、AZtecWaveがどのようにしてすべての元素を正確かつ迅速に検出する完璧なソリューションであるかをご紹介します。高品質な結果を得るためにAZtecWaveがどのように役立つのかをご覧ください。 

     


    AZtecWave - WDSスキャン

    電子線マイクロプローブの分解能と性能をSEM上で実現した唯一のWDSスペクトロメーターであるAZtecWave WDS Scanの最新機能をご紹介しています。SEM-EDSからのデータを新たなレベルで確実なものにする方法をご紹介します。すべてのピークオーバーラップを完全に解決して表示し、微量に存在するものを含むすべての元素を正確に測定します。

     


    WDSとAZtecWaveによるX線ラインオーバーラップの解消

    EDSとWDSは、電子ビームが物質に衝突したときに発生するX線を利用して元素組成を調べる技術です。EDSはすべてのX線エネルギーを同時に収集することができ、WDSは1つのX線エネルギー(=元素ライン)を同時に収集することができるため、EDSの方が高速であり、SEMを用いた組成分析にはEDSが多く用いられています。しかしWDSはEDSに比べていくつかの大きな利点があります。


    波長分散型X線分析装置(WDS)とAZtecWaveの実践的な紹介

    このチュートリアルでは、WDSとAZtecWave(SEMベースのEDS-WDS複合分析のための新しいソフトウェア)について実践的に紹介します。


    AZtecWave: AZtecの精度とアクセス性でWDS検出とEDSの高速化を実現

    AztecWaveは、結果を出すまでの時間を短縮し、圧倒的な精度と確実性で、より多くのことをより短時間で達成することを可能にします。このチュートリアルでは、AZtecWaveがどのようにしてWDSの検出とEDSのスピードを、正確さとアクセス性とともに提供するかをご覧ください。 

    関連情報

    その他アプリケーション

    構造部材・コンポーネントバッテリー技術産業発電用材土壌・トレース分析コンポジット・構造LED製造・特性評価ロックコア分析