オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
発電および蓄電

発電プラントといえば電気と熱を発生させる設備を思い浮かべますが、実に多様なエネルギー源を利用します。例えば石炭、ガス、石油、原子力、風力、地熱、太陽光などです。しかしながらそこでは、一次エネルギー源を電気エネルギーや熱エネルギーに変換する過程で、それぞれに固有な課題に直面します。

Oxford Instruments がどのようにお役に立てるか、見つけてください。

  • 生産性向上
  • 安全性向上
  • 性能強化

アプリケーションノート

オックスフォード・インストゥルメンツが関わった発電および蓄電アプリケーションノートはこちら

Symmetryを使ったハロゲン化鉛ペロブスカイトのEBSD分析

メチルアンモニウム鉛ハライド(MALHs)は、太陽電池、LED、レーザー、光検出器で使用される有機結晶化合物です。EBSD検出器の最近の改良により、粒径とテクスチャーの特性評価が可能になりました。
(日本語アプリケーションノート)

ダウンロード
mc-Si太陽電池の性能向上のための転位と粒界のマルチスケール解析

太陽電池は世界的に普及が進んでおり、高効率化のためにはmc-Siセルの生産性向上が重要です。これらの太陽電池のEBIC、TEM、APTを用いた解析

ダウンロード
Cu(In,Ga)Se2吸収体層を用いた薄膜太陽電池のEBSDおよびEDS解析

薄膜太陽電池の研究開発の重要な部分は、機能層の微細構造と組成特性の評価です。

ダウンロード
EBSDによるジルコニウム合金中の水素化物の特性評価

ジルコニウム合金は、熱中性子の捕獲断面積が小さく、機械的・腐食特性に優れているため、原子炉に使用されています。しかし、これらの合金は水素化物粒子の形成による遅延水素割れ(DHC)に悩まされています。本研究では、マトリクスや内部構造との配向関係や局所的な配向不良の観点から、EBSDを用いて水素化物の特性を評価する方法を示しています。

ダウンロード
AZtecFeatureを使用したリチウムイオン電池製造における汚染物質の特定

リチウムイオン電池は、ほとんどのモバイル電子機器(ノートパソコン、電話など)に搭載されています。リチウムイオン電池は、その優れたエネルギー重量比とメモリー効果の欠如により、主要な電池技術となっています。また、最新世代の電気自動車やハイブリッドカーに使用されている主要なバッテリータイプでもあります。

ダウンロード
リチウムイオン電池材料のSEM解析

リチウムイオン電池用の新しい材料や既存の材料は、その貯蔵容量と寿命を向上させることを目的として、広範囲に研究されています。SEMはこれらの材料の研究において重要なツールですが、Liの分布を明らかにすることは依然として主要な課題の一つです。

ダウンロード
AZtec LayerProbeを使用した全酸化物太陽電池の特性評価

太陽光発電(PV)セルは、低炭素の再生可能エネルギーを生成するための魅力的なオプションですが、従来の設計では、望ましくない有毒化合物が含まれていることが多く、特別な条件で製造しなければなりません。このように、太陽電池への全酸化物アプローチは非常に魅力的です。
(日本語アプリケーションノート)

ダウンロード
電子後方散乱回折によるカルコパイライト型薄膜からの太陽電池の解析

太陽光発電は、将来の電力を安定的かつ十分に供給するための長期的な戦略の一環です。太陽光発電は、太陽光を直接電気エネルギーに変換する唯一の方法です。太陽光発電システムの効率は測定されています。

ダウンロード

アプリケーションに関するお問い合わせはこちら