オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
金属、合金、複合材料、セラミックス
原子力発電所における寿命監視

原子力発電所では安全性が重要です。そのため、燃料棒の被覆に使用されるZrの寿命を監視することが重要です。

原発業界からの安全性を重視したアプリケーションです。

Zrは発電所で使用される燃料棒の被覆に使用されています。システムの安全性を維持するためには、Zrの寿命と潜在的な故障メカニズムを理解し、監視することが重要です。

Zrは耐熱性、耐薬品性に優れているため、この用途に使用されています。しかし水素脆化が起こりやすく、クラックの原因となり、故障の原因となります。

これを監視し、防止するためには、被覆管材中のZrHの存在と分布を認識することが重要です。  これにより、ZrHの「使用中」の性能をモデル化することが可能になります。

このアプリケーションでは、Zrクラッド材の中のZrHを識別するためにEBSDを使用します。EDSだけではZrとZrHを分離できないため、このアプリケーションではEBSDが不可欠です。

ZrHの量と場所を特定することで、Zrの超過時間のパフォーマンスを監視することができます。

一般的に粒界で発生するZrHは、クラックや故障の原因となる可能性が高くなるため、好ましくありません。

お問い合わせはこちら