オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

Symmetryを使ったハロゲン化鉛ペロブスカイトのEBSD分析

メチルアンモニウム鉛ハライド(MALH)は、太陽電池、LED、レーザー、光検出器で使用される有機結晶化合物です。これらのMALHの性能は、その粒径とテクスチャーに大きく依存していますが、電子ビームに非常に敏感であるため、これまではSEMベースの技術を用いて分析を行うことは困難でした。

最近の電子線後方散乱回折(EBSD)検出器の改良により、ヨウ化メチルアンモニウム鉛の粒径とテクスチャーの特性評価が可能になりました。MAPbI3の粒径とテクスチャーは、EBSDとSymmetry®検出器を用いて初めて評価されました。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • CMOSを用いたEBSDの最近の改善点のまとめ
  • CCDとCMOSベースのEBSD検出器の比較
  • MAPbI3の回折パターン(EBSP)の例
  • MALHの粒度とテクスチャー解析の例

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >