オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

AZtec LayerProbeを用いた全酸化物太陽電池の特性評価

太陽光発電(PV)セルは、低炭素の再生可能エネルギーを生成するための魅力的なオプションですが、従来の設計では、望ましくない有毒化合物を含むことが多く、特別な条件の下で製造しなければなりません。太陽電池への全酸化物アプローチは、これらの問題の多くを回避し、より低コストで、より広く使用される製品を生み出す可能性のある方法を提供するため、非常に魅力的です。どの組み合わせが最も効果的かを判断するために、層の厚さや組成が異なるサンプルの特性評価にAZtec LayerProbeを使用しました。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • LayerProbeを使用することで、非破壊的な方法で208箇所の層厚と組成を迅速かつ費用対効果の高い方法で定量化することができるようになりました。

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る