オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
発電および蓄電
原子力発電

プラントの建設当初だけでなく、運転中の安全性も重要な課題です。 例えば、原子炉では放射性物質の柱を周囲の冷却水から隔離するために使用され、圧力管にも使用されているジルコニウム合金材料の割れを防ぐなど、放射線や放射性物質の被ばくを防ぐことが重要な分野の一つです。

ジルコニウム合金は水素の溶解度が低いため、過剰な水素が水素化ジルコニウムとして析出します。これは、脆化、水素割れの遅延、水素化物のブリスタリングを引き起こし、材料の寿命を制限し、環境問題の原因となります。 そのため、水素化ジルコニウムの析出プロセスを理解することは非常に重要であり、この理解を得るための第一歩は、ジルコニウム合金材料中のZrH析出物を検出して分析することです。

EDSではZrHを検出することはできませんが、EBSDはジルコニウムマトリックス中のZrHの析出物を容易に同定し、特徴づけることができます。これにより、原子力発電所で使用されるジルコニウム合金部品の寿命を推定するための貴重な情報を提供することができます。

発電および蓄電に戻る

アプリケーションノート

EBSDによるジルコニウム合金中の水素化物の特性評価

ジルコニウム合金は、熱中性子の捕獲断面積が小さく、機械的・腐食特性に優れているため、原子炉に使用されています。しかし、これらの合金は水素化物粒子の形成による遅延水素割れ(DHC)に悩まされています。本研究では、マトリクスや内部構造との配向関係や局所的な配向不良の観点から、水素化物の特性評価にEBSDがどのように利用できるかを示しています。

ダウンロード
Ni超合金の靭性に及ぼすGdNi5析出物の影響の検討

この用途では,加工された超合金の靭性は,予想されていた(必要とされていた)よりもはるかに低いものであった.望ましくない物理的特性の原因を特定するために、自動化されたEBSDを用いた短時間の調査が行われました。

ダウンロード

関連する製品

お問い合わせはこちら