オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

mc-Si太陽電池の性能向上のための転位と粒界のマルチスケール解析

太陽電池の使用は世界的に増加しており、太陽光を電荷に変換する活性層には様々な半導体材料が適していることが示されています。しかし、太陽電池材料の欠陥や不純物は、製品の効率に深刻な影響を与えます。

 

mc-Si太陽電池がその能力を最大限に発揮できるようにするためには、生産性の向上が必要です。この改善は、これらの太陽電池に見られるナノスケールの特性を理解することにかかっています。このアプリケーションノートでは、電子ビーム誘導電流(EBIC)を使用して、これらのサンプルをナノおよび原子スケールで分析する方法をレビューします。

 

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

 

  • ナノスケールでの分析手法の確立のまとめ
  • 電子線誘導電流(EBIC)の使用と、透過電子顕微鏡(TEM)、アトムプローブトモグラフィー(APT)
  • サンプルの作成と方法
  • リフトアウトされたラメラの例と粒界再結合の同定

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >