オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
先進製造技術
積層造形法

高品質の積層造形法(ALM)部品を製造するためには、高純度の均質な印刷材料が必要である。これらの方法の多くは、印刷材料として金属粉末を使用している。粉末の組成は原料によって制御することができるが、コンタミネーションの理解はそれほど単純ではない。

粉末ベッドフュージョン(一般的に3Dプリントと呼ばれる)は、薄い粉末を選択的に結合させ、このプロセスを繰り返すことで3D構造体を成長させることができる添加剤層製造の方法です。金属粉末の連続した層は、レーザーや電子ビームなどのエネルギー源によって選択的に接合され、材料をシンター/溶融させます。

印刷部品の完全性は、化学的な均質性とリンクしています。化学的な不均一性は金属粉末の汚染から生じる可能性がありますが、プロセスが大規模な溶解を伴わないため、汚染は全体的な化学的な変化ではなく、組成の大きな局所的な変化をもたらします。汚染は、異なる溶融/焼結特性を持つことになるため、局所的な欠陥を形成します。過度の欠陥がある場合は、部品が故障することになります。

EDS 化学分析は、汚染を識別するために印刷粉体を検査するために使用することができますが、このプロセスは干し草の山の中から針を探すようなものです。汚染物質は微量の濃度であったり、存在しなかったりするため、粉体が純粋であることを確認するためだけに何千もの粉体粒子を検査しなければなりません。

AZtecLive は化学分析の新しい方法を紹介します。組成情報をリアルタイムの画像として表示することができるため、印刷粉体のサンプルを短時間で目視検査することができます。

金属 3D プリント

  • 高品質の3Dプリントされた金属には、超高純度(99.9%未満)の粉末が必要です。汚染物質が微量に含まれている場合があるため、粉体の検査プロセスは複雑です。
  • 添付のビデオの例は、微粉末の状態のチタン合金Ti6Al4Vを示しています。Ti6Al4Vは、優れた機械的特性と耐食性を持ち、低比重で生体適合性に優れていることが特徴の軽量合金です。これは、航空宇宙やモーターレースなどの多くの高性能エンジニアリング用途や、バイオメディカルインプラントの製造に理想的です。
  • ビデオでは、AZtecLiveを使用して、別のメタル3Dプリンティングパウダーからタングステン粒子の汚染を簡単に見つける方法を紹介しています。
先進製造技術に戻る

応用例

AZtecAMによる付加製造用粉体の完全な特性評価

付加剤製造に使用される金属粉末のあらゆる側面の完全な特性評価のために、専用のAZtecAMソフトウェアレシピを使用して合理化されたプロセスを検討します。特性評価、粒子形態学、個々の粒子の特性評価を提供します。
(日本語アプリケーションノート)

ダウンロード

関連する製品

お問い合わせはこちら