オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
NanoAnalysis | Blog
リチウムイオン電池の構成部品の高水準化

16th  December 2021 | Author: Dr Alexandra Stavropoulou

現在の開発プロジェクトの多くは、CO2排出量や気候変動に関連する政治的な決定に影響を受けています。ほとんどの国がCO2排出量の削減目標を掲げているため、再生可能エネルギーの普及に向けて、多くの興味深い取り組みが行われているのです。

その一環として、自動車から発生する排出ガスを削減する動きがあり、早ければ2025年までにICE(内燃機関)搭載車の販売を禁止する目標を掲げている国もあります。(例:ノルウェー) EV(電気自動車)がICE車よりも普及するためには、リチウムイオン電池の性能と寿命に関するさまざまな問題を解決し、この技術をサポートする新しいインフラを構築する必要があります。

その一つがリチウムイオン電池の正極材で、ニッケル、コバルト、マンガンの粉末を加工して最終的な正極材を作るという課題です。特にコバルトは電池の生産に必要な量が多く、新たに採掘される原料の供給が追いついていないのが現状です。そのため原料が汚染され、無駄にならないようにすることが不可欠です。

最近、電池部品製造に使用される粉体材料の汚染源を調べる仕事に携わりました。鉱山での原材料から生産に使用される最終粉末まで、さまざまな加工工程で採取されたCoO粉末のサンプルを調べました。

この作業はAZtecFeatureを使用して行われ、汚染物質の特定と特性評価を行い、その後汚染源を特定することができました。 この調査により、標準作業手順書(SOP)を改善することができ、結果的に汚染を防ぐことができたので、より良い製品を作ることができ、プロセスから汚染粒子を取り除くための時間とリソースを節約することができました。

AZtecFeatureは、EDSとBSE画像信号の閾値処理を組み合わせることで、簡単に汚染物質の位置を特定し、その特性を把握できるため、この種のアプリケーションに非常に有効なツールです。

詳細については、アプリケーションノートをダウンロードしてください。

当社の装置は、電池業界の企業で、鉱山から最終製品の製造までのプロセスチェーンにおけるさまざまな用途に日常的に使用されており、最も一般的な用途は、品質管理のための清浄度、故障分析、研究開発中の材料の特性評価などです。SEM による分析は、プロセスチェーン全体にわたって価値を高めます

AZtecFeatureの知識を集約し、電池前駆体粉末のQA/QCをさらに容易にするために、AZtecFeature専用のユーザープロファイル - AZtecBattery を作成しました。これはQA/QCルーチンのスピードアップとターンキーソリューションとして、最終製品の品質を保証し、自動化による装置のダウンタイム短縮を可能にします。さらに、AZtecBatteryは望ましくない粒子の検出のためにカスタマイズ可能な分類スキームを備えており、お客様の特定のニーズに合わせることができるため、新しい製法を試すことができます。

AZtecBattery以外にも、電池産業や研究のニーズに応えるため、検出器やソフトウェアに最新世代のテクノロジーを駆使し、多くのエキサイティングな仕事が行われています。

ご興味のある方は 最近のウェビナーで、様々な電池部品のSEMベースの解析の価値について詳しく知ることができます。

Ask me a question Alexandra Stavropoulou

Dr Alexandra Stavropoulou

Segment Marketing Scientist

お問い合わせはこちら

このブログはお楽しみいただけましたか?こちらもご覧ください。

メールマガジンのご案内

オックスフォード・インストゥルメンツでは、新製品やウェビナー、セミナー、展示会等のイベント情報を定期的にご案内するメールマガジンを発行しています。
配信をご希望されるお客様は、下記の記載事項をご記入いただきお申込みください。

 
※当社のメールマガジンです。当社の新製品、ウェビナー、展示会などの最新情報をお届けしています。