オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
鑑識および環境調査
火災原因の見極め

火災の原因を特定することは、犯罪行為が関与している可能性があるかどうかを判断する上で、また同様の火災が再び発生することを防ぐための教訓を学ぶ上でも重要な事です。電気的な故障が火災の原因となったかどうかがわからない場合もあります。オックスフォード・インストゥルメンツはこのような事が起きた場合でも、分析能力を提供することができます。

家の中に電気機器が増えていくにつれ、これらの機器が特定の火災の原因であるかどうかを判断することが重要になってきます。困難なのは、火事の原因となった短絡した電線が、炎が到達する他の電線と同様に、その火事によって損傷を受けることです。

火災調査員が特定のワイヤーが火災の原因にならなかったと疑った場合、それが原因かどうかを判断するために、分析的なアプローチを取ることができます。  そのワイヤーに含まれる銅の結晶構造を分析し、EBSD で粒の形態を測定することで、粒のアスペクト比に関する情報を使用して、特定のワイヤーが火災を引き起こしたのか、それとも単にそれによって損傷を受けただけなのかを示すことができます。

この技術は、熱による銅の再結晶化を理解することに基づいています。  加熱と冷却が異なると、銅の粒のテクスチャも異なります。  基本的にもしアスペクト比がある範囲内に収まっていれば、そのデバイスがショートした回路であるような大電流にさらされていることを示しています。  もしアスペクト比が別の範囲内であれば、それは火災によってワイヤが損傷を受けたことを示しています。

関連する製品

お問い合わせはこちら