オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
NanoAnalysis | Blog
AZtecの分析を「自宅で」行うということ - AztecTimedストーリー

27th January 2021 | Author: Iain Anderson

最近、時間をかけて2020年の自分の写真を振り返ってみましたが、その中でも特にお気に入りだったのが、タンデムスカイダイビングをするために相棒が飛行機に向かっている写真でした。 

'Top Gun' moment - 飛行機から飛び降りると、チャリティーのために2,000ポンドが集まります。

この写真は構図が好きな部分もありますが、スカイダイビングが合法的に家を出る理由になっていた夏の短い数週間の思い出のためのものかもしれません。… コロナウイルスによるロックダウンに 向かう前のことです。

写真の古い格言に「最高のカメラはあなたと一緒に持っているものである」というものがあり、その外出はまともなカメラを持ち歩くための完璧な口実でした。2020年のアルバムの残りの部分がスマホで撮ったスナップの束に支配されていることがわかりました。 カメラなしで写真を撮ることはできませんが、現代の携帯電話のおかげで、カメラなしでどこにいても写真を撮れるという概念は、あまりにも現実離れしているように思えます。… 今日のソーシャルメディアやインターネットの形に劇的な影響を与えているものです。

悲しいことに、電子顕微鏡はそうとは言えず、研究室へのアクセスがますます制限されてきており、私たちもお客様もそれに合わせて仕事を進めていかなければなりませんでした。

データ取得では、リモート アクセスを使用した生産性に焦点が当てられており、2つの異なるリモート接続を介してSEMと分析の両方を制御することが大きな課題となっています。 この最近のブログでは、AZtecLiveの新機能について説明しており、AZtecでの複数のサンプルのナビゲーションをより簡単にします。 

しかしは別のストーリーで、Covid-19パンデミックの期間中は、AZtecTimedを利用して、EBSD用のAZtecCrystalや粒子分析用のAZtecFeatureなど、AZtecソフトウェアの全機能にアクセスできる無料の期間限定ライセンスを提供しています。

では、どのPCにもインストールされているデータ処理ソフトウェアに無制限にアクセスすることで、何が実現できるのでしょうか?

スキルアップ

Warwick大学のDr. Aruni Fonsekaは、AZtecのソフトウェアを好きな時に好きな場所で使用できることの利点を次のように説明しています。「ソフトウェアがどれほど強力なのかは、ロックダウンして初めて分かりました。」

パンデミックの前から、ライブ機器にインストールされているソフトウェアへのアクセスが制限されていたため、ソフトウェアと過ごすためだけに無愛想な時間を過ごすことになり、私たちの多くにとっては個人的な責任と直接相反することになりました。

Aruniは、AZtecのデータ解釈がより良くなったことで、同じデータをさらに進化させることができるようになったと感じています。

Fonseka et al – 多重放射状リンの偏析

(a) GaAsPコアシェルナノワイヤからの断面のADF STEM画像。

(b) (a)のコアと第1のシェルを示す偽色の高倍率画像。

白い実線矢印は、放射状に形成された複数のP-richバンドを示しています。

プロットは、それぞれの白い破線矢印の周りに2.5nm幅のストリップからの統合された強度プロファイルを示しています。 これらの強度プロファイルの沈み込みは、Pリッチバンドに対応しています。内側のFFTは{110}型のナノワイヤーファセットを確認したものです。(c)シェル1の半径gにおけるP、As、Gaの元素分布を示すEDXマップ。

すべてのスケールバーは20nmであり、(c)のカラースケールは、それぞれの示された値の間で線形です。

他のお客様の中には、顕微鏡や検出器が納品される前のトレーニングにAZtecTimedを利用されている方もいらっしゃいます。  Covid-19の影響で設置が遅れているため、設置後の効果を高め、失われた時間を取り戻すことができるようにしたいと考えています。

顕微鏡に座る前に慣れ親しんでおくことで、データ収集を開始したときに、より短時間でより良いデータを得ることができ、最終的には、作業の質の向上と装置の有効活用につながります。

イノベーション

COVID-19の制限の下で実習コースを教えるには?

これはサンタクララ大学の Nataliya Starostina教授が直面していた問題であり、彼女の回答は、新しい状況に適応して成功するために必要な創造性を示す素晴らしい例でした。

AZtecFeatureの無料ライセンスを使用して、Nataliyaは、画像取得と科学機器の操作体験の既存のコースを補完し、データ解析に焦点を当てた全く新しい大学院レベルの研究室コースを作成しました。

学生の最終プレゼンテーションのスライド。

各学生は、個人のデバイスにソフトウェアをインストールし、直接解析ラボに行かなくても、ナノ粒子、共晶SnBi合金、α-Brass CuZn合金から得られる実験データを調べることができました。 本研究では、組成のノミナル値、取得時のデータとソフトウェアで補正したデータの違いを探り、異なる画像解析ソフトウェアで得られた同じパラメータセットと、対象物のモルフォロジーパラメータを比較しました。 考察結果と分析結果は、最終試験の一環として発表されました。

発表を続ける

良質なデータを収集することはEBSD解析の始まりに過ぎず、多くの研究者が当社のEBSDデータ処理パッケージであるAZtecCrystalを使用して、より多くの時間を費やしています。 最新のソフトウェアは学習が簡単で、パワフルな機能が満載で、膨大なデータセットを簡単に扱うことができ、材料の微細構造を調べるのに理想的です。

その一例として、選択的レーザー溶融(SLM)によって製造され、その後様々な時効処理を受けた合金の微細構造の進化を調査しているWangら2によるAdditive Manufacturing誌の最近の出版物があります。

研究室からのアクセスは困難ですが、発表することへのプレッシャーは衰えておらず、新しいデータが不足しているため、AZtecCrystalのようなツールは、サンプルやプロセスに新たな洞察を与える追加の情報層を提供することで、既存のデータセットをさらに拡張するのに役立ちます。

Wang et al2 - Cu-15Ni-8Sn合金の低角(緑)、高角(黒)、双晶(赤)の粒界を示すEBSDマップ。

私たちは、2021年には移動の自由度が高まり、研究室へのアクセスが容易になり、仕事に復帰できるようになることを期待しています。  そうなれば学んだ技術、形成されたプロセス、そしてこの1年間に開発された技術は、私たちの生活に永続的な影響を与え続けることになるでしょう。

AZtecTimedは、Covid-19のパンデミック期間中にお客様に無料で提供している期間限定ライセンスです。 ご利用されたい場合は、ライセンスとソフトウェアはこちらからダウンロードでき、2021年3月末まで有効です。

Ask me a question Iain Anderson

Iain Anderson
EBSD Business Manager

References

1Fonseka, H.A., Zhang, Y., Gott, J.A. et al. 

“Multiple radial phosphorus segregations in GaAsP core-shell nanowires.”

Nano Res. 14, 157–164 (2021), https://doi.org/10.1007/s12274-020-3060-x

2Jibing Wang, Xianglin Zhou, Jinghao Li

“Evolution of microstructures and properties of SLM-manufactured Cu–15Ni–8Sn alloy during heat treatment.”

Additive Manufacturing, Volume 37, 2021, 101599, ISSN 2214-8604, https://doi.org/10.1016/j.addm...

このブログはお楽しみいただけましたか?こちらもご覧ください。

メールマガジンのご案内

オックスフォード・インストゥルメンツでは、新製品やウェビナー、セミナー、展示会等のイベント情報を定期的にご案内するメールマガジンを発行しています。
配信をご希望されるお客様は、下記の記載事項をご記入いただきお申込みください。

 
※当社のメールマガジンです。当社の新製品、ウェビナー、展示会などの最新情報をお届けしています。