オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
NanoAnalysis | Blog
2020 from a distance

30th December 2020 | Author: Fiona Macrae

新しい年の始まりには、過ぎ去ったばかりの一年を振り返るのは普通のことであり、それについてはあまり普通のことではなかったと言ってもいいでしょう。他の人よりも影響を受けた人もいるでしょうが、仕事や家族の生活に大きな変化がなかった人はほとんどいないでしょう。そうは言っても、利用可能な技術があれば、誰もが直面してきた制限の下でも、リモートで達成し続けることができたことには驚くべきものがあります。

オックスフォード・インストゥルメンツでは、時間の経過とともに、遠隔地から技術を最大限に活用するための技術を学び、開発してきました。年を重ねるごとに、私たちはその知識を共有し、誰もがメリットを享受できるようにしてきました。

AZtecTimed

4月上旬、AZtecTimedをリリースしました。 AZtecTimedは、研究、製品開発、生産性の維持など、学術・産業界の誰もが継続して研究を行うことができるようにしたフリーソフトウェアです。 AZtecTimedは、AZtecプロジェクトの既存のデータをお持ちの方であれば、研究室のシステムにアクセスすることなく、データの処理を継続して行うことができます。AZtecTimedは、AZtecCrystalなどのプレミアムパッケージを含むAZtecの全機能をライセンス期間中提供します。

当初は2020年6月までユーザーをサポートするためにリリースされていましたが、その後ライセンスが延長されたことで、誰もが仕事の他の面で制限を受け続ける中で、少なくとも既存のデータセットから情報を抽出し続けることができるようになりました。

Virtual Hub

在宅勤務の方をさらにサポートするために、5月にはオックスフォード・インストゥルメンツのバーチャル・ハブを立ち上げ、新しいビデオコンテンツ、ブログ・ライブラリ、オンデマンド・ウェビナーなど、さまざまなオンライン・リソースに簡単にアクセスできるようにしました。この1年間、私たちはコンテンツの開発とロードアップを続けてきました。

様々な学習スタイルに対応するために、様々な状況がどれだけの時間を必要としているか、あるいは投資できるかを決定づけることができることを認識し、私たちは様々な形式の教材を提供するように努めてきました。

これらが閲覧できます。:

  • ユーザーがOI機器やソフトウェアを最大限に活用できるようにすることを目的とした、短い「ヒントとコツ」のビデオのセレクションです。
  • チュートリアルとデモビデオ は、「EDS入門」から「AZtecAMによる添加剤製造パウダーの完全な特性評価」、「遠隔分析走査型電子顕微鏡」まで、様々なトピックをカバーしています。
  • 当社のウェビナーでは、学術界や産業界のオピニオンリーダーからの寄稿を定期的に掲載しており、同様に多様なテーマを最も詳細なフォーマットでカバーしています。

There is also a wide choice of subject matter for those who prefer to read:

  • 70以上のブログ記事があり、最先端の技術的なテーマを扱っているものもあれば、もっと軽薄なものもあります。
  • アプリケーションノートでは、オックスフォード・インストゥルメンツの技術がどのように活用されているかの詳細な例をご紹介しています。

また、ユーザーが撮影してアップロードした画像を展示しているイメージギャラリーもありますので、一見の価値ありです。あなた自身の作品を投稿してみてはいかがでしょうか。

ミーティングとイベント

会議、セミナー、展示会は、私たちが以前にコミュニティとの知識交換を行ってきたもう一つの手段でありますが、今年は非常に異なっていました。EMCのようないくつかのイベントは中止になりましたが、M&Mやその他のイベントはリモートで開催されました。このようなイベントは、ネットワーキング、学習、共有のための素晴らしい機会です。今年の経験は非常に異なっており、遠隔地であることがメリットとデメリットをもたらしています。

カンファレンスには多額の出張を伴うことが多いため、カンファレンスに参加することは没入感のある体験となり、長所でもあり短所でもあります。遠隔地から参加することで、最も興味のある講演だけに出席することができ、時間効率が格段に良くなります。講演は録音されていることが多いので、都合の良い時間に予定が入っていなくても、聞き逃してしまうことはありません。旅費やホテル代、時差ぼけの心配もありません。

コンファレンスは、前回のイベント以来会っていない同僚とのキャッチアップに最適な場であり、誰もが懐かしいものです。通常は、共同研究者や仲間とのキャッチアップや、新しい人との出会いの機会もたくさんあります。インフォーマルなチャットに参加することで、オンラインプラットフォームではなかなか再現できないアイデアや、新しくて刺激的な研究の道が開けるかもしれません。

2021年はどうでしょうか?

リモートワークは、ある程度、生活の一部として定着しそうです。昔のようにオフィスや研究室に縛られることはないでしょう。

2021年に向けて、私たちはマイクロ・ナノスケールの材料分析を遠隔操作で行えるように支援していきたいと考えています。しかし、そう遠くない将来、友人や仲間、共同研究者と直接会う機会があることを期待しています。

Ask me a question Fiona Macrae

Fiona Macrae
Head of Marketing Communications and Lead Generation

メールマガジンのご案内

オックスフォード・インストゥルメンツでは、新製品やウェビナー、セミナー、展示会等のイベント情報を定期的にご案内するメールマガジンを発行しています。
配信をご希望されるお客様は、下記の記載事項をご記入いただきお申込みください。

 
※当社のメールマガジンです。当社の新製品、ウェビナー、展示会などの最新情報をお届けしています。