オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

C-Swift

CMOS搭載高速EBSD検出器

C-Swiftはルーチン的な材料解析と高いスループットの試料分析向けに設計された、CMOS検出器ファミリーの最も新しい検出器です。
C-Swiftは、Symmetryと同様EBSD向けに設計されたCMOSセンサーを含む、革新的なEBSD検出器の機能の特長を有しています。

  • 指数付け時の速さ 1000 pps (保証値)

  • 622 x 512 ピクセルの EBSD パターン収集時の速さ 250 pps

  • 低エネルギーおよび低電流の下での解析でも極めて高い感度

  • ひずみのない画像


お問い合わせ

C-Swiftはクラスをリードする高スループットEBSD検出器です。 Symmetry検出器と同様、C-Swiftは速度と感度を両立するためのカスタマイズされたCMOSセンサーを搭載し、最もチャレンジングな材料においても高品質の結果が得られます。

C-Swiftの1000 ppsの最高スピードは、良好なパターン解像度 (156 x 128ピクセル) でも達成されます。 同等のスピードで動作するCCDベースの検出器よりも4倍のピクセル数になり、高精度の指数付けと高いヒットレートを全ての試料で保証します。 歪の無い光学系とAZtecソフトウェアの強力な指数付けアルゴリズムと合わせ、0.05°以下の角度精度を可能にします。 高品質パターンを要求されるアプリケーションでは、最高250 ppsのスピードで622 x 512ピクセル解像度のパターンを収集可能で、複雑な結晶相の試料や結晶相の詳細な解析に最適です。

この検出器は高速で有効な試料評価のために設計された検出器です。 特長的な近接センサーから内蔵された前方散乱検出器まで、システムの全てのコンポーネントは最高性能を引き出すため、また簡単操作のため、全ての研究機関で標準的なEBSDツールとなるよう設計されています。

C-Swiftはスピードに重点を置く分析の標準機です。:

  • 12 nAのビーム電流でも1000ppsの指数付けスピードを保証
  • 最高速でも156 x 128 ピクセル解像度のパターン – 同等スピードの高速CCD検出器よりも4倍のピクセル数
  • フル解像度パターン (622 x 512) – 詳細な結晶相解析や変形解析に最適
  • 0.05°より良好な角度精度を保証する、低歪み光学系
  • 低ドーズ、低ビームエネルギーでも高品質パターンを保証する、最適化されたフォスファースクリーンによる高い感度 – 空間分解能を最大化
  • 最高スピードでもシームレスなEDS同時分析
  • 高い電子顕微鏡の真空度を保持するための、ベローズSEMインターフェース
  • 特長的な近接センサー – 衝突を事前に検知し、検出器を自動的に安全位置に退避
  • いつでも最適な結果を得るための、簡単で直観的な検出器設定
  • 5つの内蔵された前方散乱検出器が、フルカラーの補助的なチャネリングコントラスト像と原子番号コントラスト像を取得

ダウンロードセンター

CMOS-EBSD Detector Range

CMOS技術をベースにしたEBSD検出器の市場をリードする製品群をご覧ください。(英語カタログ)

ダウンロード
Symmetry S2

CMOSセンサ技術をベースにした世界初のEBSD検出器であるSymmetryは、EBSD解析に革命をもたらします。(英語カタログ)

ダウンロード
AZtecHKL

EBSD解析プラットフォームAZtecHKLは、高速CMOSカメラ搭載EBSD検出の性能を発揮し、結晶方位や結晶相を高速・正確に測定します。(日本語カタログ)

ダウンロード
EBSD Explained

EBSD Explainedは24ページのチュートリアルで、初心者の方への基礎だけでなく、その理論を信頼性の高いEBSD分析結果を得るためにどのように使うかを示しています。(英語技術資料)

ダウンロード

関連情報

今後のイベント

最新ニュース