オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

EBSDを用いた火成岩の相解析と結果の検証

オックスフォード・インストゥルメンツのEDSソフトウェアAZtecEnergyのAutoPhaseMapモジュールは、X線マップデータから異なる特徴的な組成の領域を自動的に検出し、これらの領域または相のそれぞれの分布、面積、構成元素、組成を決定します。このアプリケーションノートで分析したサンプルは、海洋性斑レイ岩からのものです。AutoPhaseMapは、サンプルに存在する主な相を検出し、鉱物の一つである磁硫鉄鉱が反応して分解した場所の詳細な情報を提供します。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • 火成岩に存在する相を決定し、その特徴を明らかにするために、この技術をどのように使用できるか。
  • 同時に収集されたEDSとEBSDのデータセットを比較することで、結果の検証を行います。

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >