オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
医薬品
適量吸入器の汚染物質

製薬業界では汚染は重要な懸念事項であり、医薬品製造中の様々な場所から発生する可能性があり、ガラス、金属、ポリマー/プラスチック、ゴム、有機物などの物質が含まれている可能性があります。
この汚染源を特定し、理解することが重要です。発生源が特定されれば、微粒子汚染の除去はかなり容易になります。 - EDSはこのプロセスの重要なツールです。

AZtecLive は定量吸入器のサンプルを調査し、キャニスターからアルミニウム粒子などの汚染源を迅速に特定できる強力なツールです。さらに詳細な分析は、AZtecFeatureを使用して、これらの汚染物質の数とサイズを決定することができます。

ガラスの汚染は様々な原因で発生する可能性があり、AZtecLiveやAZtecFeatureを使用して識別・特性評価を行うことができますが、粒子径が非常に小さいため、TEMを使用して識別しなければならない場合もあります。 “Characterization of Glass Delamination by TEM: Results from a New Sample Preparation Technique E.F. Schumacher1 , H.M. Talesky1 and K.J. Diebold1”.

お問い合わせはこちら