オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

鋼線の粒度特性

金属材料の機械的および物理的特性は、例えばホール-ペッチの関係を通じて、粒径と密接に関連しており、強度は粒径の平方根に反比例します。走査型電子顕微鏡 (SEM) での電子後方散乱回折 (EBSD) は、粒度を測定するための理想的な手法です。この鋼は橋梁ケーブルの製造に使用され、最終的なスチールケーブルの重要な性能に影響を与えるため、粒度と微細構造の重要性が認識されています。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • 正確な粒度測定法

*このアプリケーションノートではNordlysMaxについて説明しています。現在、Symmetryにアップグレードされています。

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >