オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
地質学、岩石学、鉱物学
大スケールの岩石の特性評価

ある地域の地質を理解しようとするとき、それが鉱業の見通しであっても、建設予定の地域であっても、あるいはより学術的な目的であっても、その地域の変動性を決定するために多くのサンプルを分析する必要があることがよくあります。  SEM + EDSによる高スループットの自動化された特徴分析により、これを簡単に達成することができます。

岩石とは何かを判断するには、多くの要素が関係しています。その中には、存在する様々な鉱物の組成(したがって岩石全体のバルク組成)、それらの鉱物の相対的な割合、岩石のテクスチャに関する情報(例えば、粒の大きさや粒の中の支配的な伸びなど)などが含まれています。さらに、これらの情報は、1つのサンプルではなく、多くのサンプルから得られることが多いです。

このように大量の情報が必要とされるため、各検体を手作業で分析することは現実的ではないことが多くあります。さらに手作業での分析はバイアスがかかり、実際には解釈のための統計的根拠を提供するのに十分な数の分析ができそうにありません。

強力な代替手段として、SEM + EDSによる自動粒子解析の使用があります。これは、鉱物の粒の検出、形態学的および組成分析を自動化し、お客様の要件に合わせて分類するプロセスです。

アプリケーションノート

地質材料断面の自動解析

地質材料の切片を手作業で特性評価するのは、非常に主観的で手間がかかり、時間がかかるプロセスです。AZtecFeatureを大面積X-MaxN SDDと組み合わせて使用することで、このプロセスを自動化することができ、複雑な鉱物相を迅速かつ正確に特性評価することができます。

ダウンロード

関連する製品

お問い合わせはこちら