オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

地質材料の断面の自動解析

歴史的に、研磨された岩石試料の分析は、主に交差偏光光学顕微鏡を用いて行われてきました。これは試料全体に外挿した結果をポイントカウントサンプリング法で行うこともあります。この方法は、経験豊富な鉱物学者/ペトロロジストによって実行された場合には非常に強力なものになりますが、様々な相の化学的性質やその形態を直接測定することはありません。

AZtecFeatureを大面積SDD検出器 X-MaxNと組み合わせて使用することで、このプロセスを自動化することができ、複雑な鉱物相を迅速かつ正確に特性評価することができます。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • 大面積マッピングがいかにこの状況を大幅に改善するか
  • このような性質のサンプルの特性評価をどのように自動化し、粒子解析アプローチを使用して速度を大幅に向上させるか。

*このアプリノートはX-Maxについて説明しています。現在Ultim Maxにアップグレードされています。

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >