オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
バイオイメージングおよび生命科学

バイオイメージングおよび生命科学

生体物質の構造や機能の研究は、自然界と人体構造を理解する基礎となるものであり、医薬品研究のベースでもあります。多くの重要な機能がサブマイクロメートルのスケールで存在するため、電子顕微鏡の使用を余儀なくされます。その代表的な事例が分子細胞生物学の分野で、そこでは細胞の超微細構造の正確な解読が重要な課題になりつつあります。EDS や EBDS のような微細解析技術の活用により、従来までの画像ベースの観察を補完する重要な情報が入手できます。オックスフォード・インストゥルメンツはバイオ科学および生命科学アプリケーションに最適な解析システムを開発しました。感度および情報生産性の向上に努め、生物学分野での利用を拡大しています。

オックスフォード・インストゥルメンツがどのようなお役に立てるかを、見つけてください:

  • 細胞の超微細構造の判別
  • 生体材料の構造特性評価
  • 気候変動影響の測定

ウェビナー

オンデマンドで視聴

Energy Dispersive X-ray Spectrometry (EDS) for Biology

ホワイトペーパーの内容: 

  • EDSの紹介 
  • 生命科学分野におけるEDSの研究
  • 生命学試料中の必須元素のマッピング
  • EDSと生命科学試料準備のチェックリスト Preparation Checklist
  • Ultim Extreme検出器 

 

ダウンロード

アプリケーション

製品

Gallery: EDS as an imaging detector

生体組織の化学成分をイメージングすることで、分析にスペクトルの次元を追加することができます。
組成データと組み合わせた超構造情報。

オックスフォード・インストゥルメンツが関わったバイオイメージングおよび生命科学の応用分野をすべて見る