オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

AZtecFlex

パーソナルコピーとしてのAZtecのフルパワーと充実した機能。 誰でも、どこでも、いつでも。

 

  • いつでも、どこでも、データを開いて処理できる柔軟性

  • EDS、WDS、EBSDのデータ処理

  • ソフトウェアの高度な機能の試行

  • AZtecの最新バージョンを使用可能


利用可能時に通知をご希望の方はこちら

お客様に柔軟性を。お客様の装置には生産性を。

AZtecFlexは、お客様のデスクトップやノートパソコンにインストールしてご利用いただく12ヶ月間のパーソナルサブスクリプションライセンスで、共有施設を利用することなく、どこでもAZtecをご利用いただけます。

AZtecFlexには、粒子解析やEBSDデータ処理などの高度なデータ処理機能が搭載されており、データ取得に使用したシステムで有効になっていなくても、それらにアクセスすることができます。  またライセンスを取得すると、AZtecの最新のリリースが利用可能になった時点でアクセスできるようになります。

 

ラボから離れた場所でもデータ解析

  • 好きな時に、好きな場所で、時間に追われることなくデータを処理し、すべてのデータセットから最高の結果を得ることができます。
  • 電子顕微鏡の前で過ごす時間を短縮します。それによって、電子顕微鏡の使用を最適化することができ、他のユーザーがより早く新しいデータの取得を開始することができます。
  • 遠く離れた施設で収集されたデータを開き、分析し、処理することで、共同作業を最大限に進めることができます。

最新の機能を入手

  • ご契約期間中は、AZtecの最新バージョンがリリースされると同時にご利用いただけます。
  • 粒子解析機能AZtecFeature、EBSDデータ処理ソフトウェアAZtecCrystal、薄膜解析機能AZtecLayerProbeなど、高度な機能をお客様のデータでお試しいただけます。

時間を有効活用

  • 電子顕微鏡に向かう前に、実験計画を立てる
  • データ収集ワークフローを理解する
  • スペクトルシミュレーターを使ってサンプル分析の条件を最適化する

AZtecFlexには2つのバージョンがあります。1つ目のパッケージは、弊社のEDSおよびWDS検出器をご使用の方向けで、2つ目のパッケージはEBSD検出器もご使用の方向けです。また学生向けに全機能(EDS、WDS、EBSD解析)を搭載した割引版もご用意しております。

 

EDS & WDSEDS, WDS & EBSD
過去に取得したSEMやTEMのEDSデータの表示と処理:
• ポイント分析
• ラインスキャン
• マップ
• TruMap
• 定量マップ
レポート作成とデータ出力
レイヤーイメージとマップの作成と出力
バッチ処理、同一設定で複数視野データを処理
バッチエクスポート、複数視野からデータを単一処理で出力
大面積マップ (LAM):
• 大面積マップデータの読み込み
• 収集済の大面積マップデータのアライメントとスティッチング
AZtecWaveで収集したデータ(WDS datasets)の表示と処理
AZtec Feature(粒子解析):
• 粒子解析で収集したフルデータセットの読み込み
• 粒子解析機能で各画像を処理
AZtecFeature アプリケーション特化アドオンパッケージ:
• AZtecAM
• AZtecBattery
• AZtecClean
• AZtecGSR AZtecMineral
• AZtecPharma
• AZtecSteel
AZtec LayerProbe & スペクトルシミュレータ
AZtecHKL:
• AZtec EBSDデータの読み込み
• AZtec Crystalへのデータエクスポート
• 保存済パターンからデータの再解析*
AZtecCrystal:
• EBSDマップの作成
• グレインサイズ解析
• 極点図を使った集合組織解析
• 包括的な粒界分析
• SEMイメージ – EBSDマップ相関
AZtecCrystal advanced:
• ODFを使った高度な集合組織解析
• ペアレントグレイン再構築
• 高度な結晶相クラス分けツール
• 弾性特性の計算と表示

*サードパーティのライセンスデータベースに依存しないライブラリのみが含まれます。

 

 

利用規約, 必要条件

ライセンス情報

AZtecFlexは、1台のPCに限定される期間限定の個人用ライセンスであり、共有/装置のコンピュータには提供されません。 ライセンスはオンラインでアクティベートされ、デフォルトではアクティベートに使用したコンピューターに限定されます。 対象となるコンピューターがインターネットに接続されていない場合は、別のアクティベーション方法があります。 このライセンスは譲渡できません。コンピュータが故障した場合は、テクニカルサポートへご連絡していただき、新しいコンピュータにライセンスを移動/回復してください。

AZtecFlexのライセンスは、取得済データの処理や実験計画を立てるために特別に設計されています。AZtecFlexは、電子顕微鏡に接続した状態では動作せず、当社の検出器で新たなデータを取得するために使用することはできません。

有効なライセンスにより、ユーザーはAZtecFlexの現行バージョンをダウンロードすることができ、これにはサブスクリプション期間中にリリースされた新バージョンも含まれます。更新されたバージョンには、既存の機能の改善が含まれますが、元のリリースにはなかった新しい機能は含まれません。

電子顕微鏡から離れた場所で作業するために永久ライセンスを必要としている場合や、共有施設で使用する場合、あるいは収集システムのソフトウェア・アップグレードの購入を検討している場合は、弊社の営業担当にお問い合わせください。  これらの永久ライセンスの機能は、電子顕微鏡システムにリンクしています。

 

詳しい説明書のダウンロードはこちら

システム要件

AZtecは比較的低スペックのコンピュータで動作するように設計されていますが、AZtecの処理に応じて必要なPCのスペックは異なります。最低限の仕様であれば、最も負荷のかかる作業を除いて、すべての作業を行うことができます。以下の推奨スペックでは、本ソフトウェアで利用可能なすべてのアプリケーションを扱うことができます。

最低限必要な仕様:

 

  • CPU: 2.2GHzで4スレッド動作
  • RAM: 8Gb*
  • ディスク容量: インストールには8GBの空き容量が必要
  • オペレーティングシステム: Windows 10 64-bit
  • アクティベーションのためのインターネット接続 (ライセンスを別のPCでもアクティベート可能)

*大きなプロジェクトファイルや、AZtecCrystal、大面積マッピング、粒子解析などの計算量の多い処理には16Gbが必要であり、これを下回るとそれらの処理の動作が遅くなる、あるいは処理できないことがあります。

 

推奨:

 

  • CPU: 3.3GHz 8コア動作
  • RAM: 32Gb
  • ディスクスペース: 8GBの空き容量(プロジェクトデータ含む)と高速(NVME SSD)ドライブにAZtecをインストール
  • オペレーティングシステム: Windows 10 Pro 64-bit
  • アクティベーションのためのインターネット接続 (ライセンスを別のPCでもアクティベート可能)

AZtecのプロジェクトは変動が大きく、アプリケーションによって要件が大きく変わります。AZtecは最小スペック以下でも動作しますが、それに伴って使い勝手も悪くなります。PCのスペックに関する一般的なアドバイスは以下の通りです。

 

  • CPU: AZtecはマルチコアプロセッサーに最適化されており、利用可能なコアを使用します。コア数を増やすことでパフォーマンスが向上します。
  • RAM: AZtecはプロジェクトに必要であれば、利用可能なすべてのRAMを使用します。特別に大きなデータを扱う場合を除き、ほとんどのプロジェクトでは16GBで十分です。
  • ディスクスペース: ほとんどの処理はRAMに保存されたデータで実行されますが、RAMへのデータの読み書きはディスクの速度によって制限されますので、高速なストレージはパフォーマンスを向上させます。
  • オペレーティングシステム: 現在リリースされているAZtecは、Windows 10 Proの64ビットPCでテストされています。AZtecは64ビットOSでのみ動作し、旧バージョンのWindowsではテストされていません。AZtecは他のOSでの動作を想定していません。

将来の研究者や産業界のリーダーとなるのは学生であり、彼らにも当社のソフトウェアを利用してもらうべきだと考えています。これをサポートするために、認証を受けた学生にはAZtecFlexの割引版を提供しています。学生版には、元素・結晶解析パッケージの全機能が含まれています。

学生の方は、購入時にEメールで資格証明を提出することで確認できます。(入学許可証、学生証、学業指導者の署名入り手紙、その他の公的書類など) 本製品はフルタイムまたはパートタイムの教育を受けている学生を対象としており、商業目的で使用することはできません。(企業から資金提供を受けている学生は対象となります)

割引を受けるために、以下のことをお願いしています。

 

  • 結果を発表する際には、AZtecFlexを使用していることを明示してください。
  • お客様のニーズを理解するための利用統計情報の提供
  • 利用統計には、エンドユーザーの詳細や個人情報は含まれません。
  • 利用統計には、データ処理の詳細は含まれません。

 

COMING SOON!

AZtecFlexは、近日中にe-storeでの販売を開始する予定です。 

 

US & Canada

US & Canada

APAC

Asia Pacific

United Kingdom

United Kingdom

Japan

Japan

Europe

Europe

China

China

アプリケーション

Trumap

TruMap は、オーバーラップするピークを分離し、存在する元素に応じたバックグラウンドを除去することで、真の元素マップを作成します。これは利用可能なピークの数が限られている低加速電圧でのマッピングでは、さらに重要になります。  

このマップは3keVで取得され、20nm以下の分布を捉えています。1.774keVのタングステン(W)のMaピークは、1.740keVのシリコン(Si)のKaピークと重なっています。標準的なエネルギーウィンドウのマップでは、WとSiの両方の信号が組み合わされたW分布が表示されます。TruMapではこのピークを分離して、正確なWマップを作成しています。重元素(W)が存在すると、オーバーラップしていなくてもバックグラウンド信号が増加します。これにより銅の信号に見られるようなシャドウマップが形成されます。TruMap はバックグラウンドの変化を考慮し、それに応じてマップの表示を調整します。

 


AZtecCrystal

AZtecCrystalは、EBSD初心者のための使いやすさと、熟練者のための高度なツールを融合させて設計された、最新の総合的なEBSDデータ解析ソフトウェアです。このソフトウェアは最新の高速CMOS搭載EBSD検出器では当たり前になっている、非常に大きなEBSDデータセットを扱うように設計されています。

AZtecCrystalでは、EBSDデータセットを処理する際に必要となる、マップの作成、結晶学的テクスチャの分析、粒界特性の調査、および包括的なグレインサイズ測定ツールなど、すべてのルーチン分析を行うことができます。さらに高度な機能として、結晶粒の方位データから弾性特性を計算したり、高度な結晶相の分類/識別を行ったり、相変態を起こした系のペアレントグレインの微細構造を迅速に再構築したりすることができます。

AZtecCrystalは、EBSDデータを迅速かつ効率的に処理・解析したいと考えているユーザーにとって理想的なソフトウェアです。

 


AZtecFeature

AZtecFeatureは、パーティクル/粒/介在物サンプルの検出、形態学的測定、組成分析、分類を自動化する粒子分析プラットフォームです。  粒子ごとに組成と形態情報の両方を測定することで、AZtecFeatureは、強力で簡単に作成できる分類スキームやデータレビュープロットによって、データをリアルタイムに解釈することができます。

AZtecFeatureで自動的に取得されたデータは、すべてAZtecのTruQアルゴリズムで処理され、サンプル中の元素の同定と定量の信頼性と精度を確保し、常に正しい結果を得ることができます。

 


AZtecLayerProbe

AztecLayerProbeは、SEMで層状の薄膜構造を特性評価するためのツールです。  LayerProbeは最大2μmの厚さの層を分析可能で、EDS分析から層の厚さと組成を計算することができます。  電子デバイス、材料コーティング、エネルギーデバイスなど、多くの重要なアプリケーションで実証された精度を持つLayerProbeは、ナノメートルスケールの層状サンプルの研究と日常的な非破壊分析の両方に理想的なツールです。

 

 ご質問がございましたら下記よりお問い合わせください。