オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

硬質Porphyroclastを中心とした石英層の大面積EBSDマッピング

地質サンプルの微細構造情報は、EBSD検出器を搭載したSEMと専門のソフトウェアを組み合わせて収集し、画像化することができます。EBSDは、その特定の結晶学的特性に基づいて鉱物の相を識別することを可能にし、鉱物の粒の方位を決定することができます。オックスフォード・インストゥルメンツ社のAZtec®ソフトウェアを用いた大面積のEBSDマッピングは、地質サンプルの歴史と進化を明らかにすることを可能にし、微細構造の変形に関連する大量の情報を得ることができます。この研究では、延性変形中の硬い二次ガーネットポーフィロクラストの周りを流れる石英層の微細構造の応答を調査しています。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • AZtecの大面積EBSDマッピングを使用して、地質学におけるせん断帯運動学の理解を深める方法

*この応募ノートはNordlysNanoについて説明しています。現在、Symmetryにアップグレードされています。

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >