オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

AZtecSynergyとBLG CrossCourt 3 によるクリープされたニッケル合金のEBSD特性評価

微小解析は、潜在的な破壊メカニズムや多くの材料の潜在的な寿命を理解するための強力なツールです。この例では、電子線後方散乱回折 (EBSD) とエネルギー分散型X線分析 (EDS) を用いて、ニッケル超合金のクリープ変形後の微細構造と損傷分布を調べています。

オックスフォード・インストゥルメンツ社のAZtecSynergyシステムは、EBSDとEDSの両方のデータを取得し、サンプルの変形を研究するために使用されています。EBSDデータは、高品質で歪みのないEBSPを収集するために最適化されたNordlysNano検出器を使用して収集され、EDSデータはX-MaxN 150大面積SDD検出器を使用して収集されました。

この例では、残留ひずみを測定するためにCross-correlation技術を使用して EBSD パターンを処理する追加のサードパーティ製ソフトウェアパッケージ BLG CrossCourt 3 を使用して、いくつかの追加データ処理が達成されています。このパッケージは、取得プロセス中にTIFFファイルとして保存された生の未処理EBSPを使用します。このアプリケーションでは、NordlysNano 検出器から収集した高品質で歪みのないパターンが不可欠です。

アプリケーションノートをダウンロードすることで得られる情報:

  • SEMでX線データを用いてEBSDを取得することで、クリープ損傷の分布を決定するための材料特性評価のための強力なツールとなります。

 *このアプリケーションノートでは、NordlysNano と X-Max を対象としていますが、現在、それぞれ Symmetry と Ultim Max にアップグレードされています。

関連する製品

アプリケーションノートをダウンロード

全てのアプリケーションノートを見る >