オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
ポリマー
ポリマー添加剤

EDSは、ポリマー中の添加剤の分散状態を直接分析するのに最適な方法の一つです。ポリマーと多くの添加剤の間には原子番号コントラストが相対的に欠如しているため、SEMでのBSEイメージングのような他のイメージ法は困難です。SEM-EDSは、元素コントラストを直接画像化することができ、ポリマー自体を構成する元素とは異なる元素を含む添加剤に対して特に有効です。

SEM-EDSは、さまざまな添加剤の調製と有効性の研究に積極的に貢献しています。

ポリマーは、薬物送達のための生体内分解性の移植ホストとして使用されています。しかし、移植されたポリマーが分解すると凝集して送達の活性と信頼性が低下するため、活性な生体高分子(薬物)の分布は非常に重要です。SEM-EDSは、固有の構成要素を分析することで、添加物の分布を直接示します。これは、さまざまな安定化添加剤やポリマーインプラントの調製方法を研究するための重要なツールとなります。

詳細は以下を参照してください。: Lee et al. (Macromol. Biosci 2015, 15, 1332-1337)

同様に、従来の難燃剤に代わる緑色の代替物質の分布は、SEM-EDSによって直接画像化することができ、代替添加剤の有効性を直接テストすることをサポートする重要な証拠を提供しています。

詳細は以下を参照してください。: Isarov et al. (Polymer 2016, 97, 504-514)

お問い合わせはこちら