オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
鑑識および環境調査
シリアルナンバーの再構築

犯罪の際には、鍵や銃のようなシリアルナンバーで識別できる金属製のものが使用されることがあります。  このようなことが起こると、犯罪者が発見を回避しようとする通常の方法は、それを引っ掻いてシリアル番号を破壊しようとすることです。  これは、法医学的検査官や法執行機関が犯罪を解決するための代替手段を探さなければならないことを意味し、そうでなければ有用な証拠を破壊することができます。  しかし、それを回復する方法があります。

シリアルナンバーが金属に刻印されると、その金属の構造が実際の刻印の深さよりも深くまで破壊されます。  誰かがそのシリアルナンバーを引っ掻き取ろうとすると、通常は目で見えなくなるまで引っ掻くだけです。

EBSDは、顕微鏡でのイメージングでは目に見えないものを明らかにすることができ、そして犯罪者が破壊されると信じていたシリアル番号を画像化します。

これは、試料をEBSDでマッピングしたときの回折パターンに存在するコントラストを見ることで動作します。  特定のポイントが変形しているほど、コントラストは低くなります。  各点のコントラストのレベルを示す画像を作成することで、元のシリアル番号を視覚化することができます。.

鑑識と環境調査に戻る

アプリケーションノート

消されたシリアル番号のEBSDを用いた法医学的再構築

ここでは、目に見えない塑性変形を検出するEBSDの能力を実証し、研磨されたシリアル番号の再構築を可能にしました。

ダウンロード

関連する製品

お問い合わせはこちら