オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
Forensics & Environment
Airborne Particulates

歴史的に、空気中の微粒子は主に数とサイズ、つまりPM10(10µm以下の空気中の微粒子)やPM2.5(2.5µm以下の微粒子)のようなサイズの範囲内の微粒子の数で扱われてきました。  この分類にはもちろん用途があり、空気中の浮遊粒子を記述する貴重な方法ですが、粒子の組成に関する重要な情報が不足しています。  この情報はますます重要視され始めており、このサイズスケールでの異なる組成の粒子の特定の影響についての理解が進むにつれて、将来的にはさらに重要になると思われます。

大気中の粒子に関する研究が増えています。この分野の研究者は、大気中の粒子を研究することで、大気がどのように機能しているのか、大気プロセスにどのような影響を与えるのかについての知識を深めています。この研究は大気や気候モデルに反映され、政策、気候変動緩和計画、そして潜在的な予測に影響を与えます。  

粒子の大きさと組成と、それらのパラメータが大気中の氷の核生成にどのように影響するかには関連があります。  粒子の組成が異なると氷の核生成の程度も異なりますので、粒子の大きさや組成の知識と氷の核生成に関する実験を組み合わせることで、雲の形成などのプロセスに対する粒子の影響を決定することができます。

同様の方法は、異なる組成の粒子が人体に入ったときに異なる効果を有する汚染物質の研究にも適用可能です。

関連する製品

お問い合わせはこちら