オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
自動車および宇宙
EBSD を用いた材料の集合組織解析

EBSD は結晶粒の方位を測定します。結晶粒はランダムに配向されているか、好ましい方位、支配的な方位を持っているかのどちらかになります。  支配的な方位はテクスチャと呼ばれます。

材料の集合組織は部品の形状への成形性に影響を与えます。加工中に材料の集合組織がどのように変化し、それが材料特性にどのように影響するかを理解することが重要です。言い換えれば加工技術の違いによって、最終的な材料に異なる質感が生まれ、異なる加工方法を組み合わせることで、所望の集合組織を持った材料を設計することが可能になります。

EBSDは材料を全体の集合組織の変化を測定し可視化することで、分析領域の平均値を提供するだけのいくつかの技術(XRDなど)に比べてメリットがあります。

チタンとその合金は、その高い耐食性と強度から、航空宇宙部品の様々な用途に使用されています。

マグネシウムとその合金は最も軽量な構造用金属材料であるため、現代の自動車の多くの軽量化用途に使用されています。

アルミニウムは、自動車の軽量化のために自動車用途で使用されるもう一つの非常に重要な軽量金属です。インテリジェントな加工と合金化を組み合わせた結晶学的なテクスチャーエンジニアリングは、パワートレイン、シャシー、ボディなどの自動車用途に最適化された強度と延性を持つ優れたアルミニウム合金を得るための強力で効果的なツールです。

鍛造加工中に形成されたアルミ合金の典型的なGoss集合組織を示します。

ダウンロードセンター

高強度軽量鋼のEBSD特性評価

微細構造を理解することは、自動車用途向けに特定の機械的特性を持つ鋼を製造するための基本となります。EBSDとEDSの統合は、微細構造をモニタリングするための強力な分析ソリューションであり、材料加工、微細構造、性能の関係の理解を助けます。

ダウンロード

関連する製品

自動車および航空に戻る

お問い合わせはこちら