オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
自動車および宇宙
EBSD を用いた高強度軽量鋼材の結晶相同定

自動車部品には、高強度で延性に優れた高機能鋼がますます求められています。衝突安全性を向上させて安全性を最大化すると同時に、軽量化して燃費を向上させることができます。これらの用途に適した機械的特性を持つ鋼を製造するためには、ミクロ組織を理解することが基本的な仕事となります。

相分率と相分布は、鋼の機械的特性と耐食性に影響を与えます。  例えば、残留オーステナイトは、鋼の強度、靭性、硬度を決定する上で重要な役割を果たしています。また、オーステナイトは衝撃を受けるとフェライトに変化し、鋼の強度を向上させることができます。そのためこの2つの相を区別し、バランスをとる必要があります。しかしそれらは同じ組成を持っています。

どのようにして性能への影響を判断することができるでしょうか?EBSDは結晶相を特定し、相分率を測定し、結晶相分布を可視化するための理想的な技術です。

この例では、目的の機械的特性を得るために鋼の加工条件を最適化するために、オーステナイト分率とその分布を正確に測定する必要がありました。

右側の図はフェライトを介してオーステナイト層が形成されている2つの相構造を可視化したものです。相分率はリアルタイムで計算されます。結晶相の分布を可視化できることも、相がどのように変態するかに影響を与えるために不可欠です。EBSDは相集団を測定し、相の分布を可視化することで、相分率のみを提供するいくつかの技術(例:XRD)よりも利点があります。

自動車および航空に戻る

お問い合わせはこちら