オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
農業および食品
食品に含まれる離散粒子汚染物の同定

食品中の異物や汚染物質が発見されると、疑問が湧いてきます。

しかし、最も重要な問題は、おそらくこれでしょう。

したがって全体的な問題を解決するための最初のステップは、汚染の潜在的な汚染源をはっきりさせるために、汚染物質または異物を特定することです。

Metallic Particle Metallic Particle Spectrum

食品に含まれる汚染が離散的な粒子である場合、それらは容易に除去・洗浄され、また走査型電子顕微鏡に提供され、EDS X線分析による元素分析を行うことができます。食品製造における汚染の原因は、原材料への混入、原材料の取り扱いや加工、保管、輸送など、さまざまな原因から生じる可能性があるため、識別が必要とされる物質の範囲は広範囲にわたります。EDS X線分析は、幅広い材料の元素組成を特定できるため、汚染物質として発見された未知の材料を特定するための汎用的なツールとなります。

汚染物質に含まれる元素の識別は材料を識別するのに十分な情報を提供しますが、時には元素のリストは、鋼やガラスのような材料のクラスを識別するのに役立つだけかもしれません。製造工程全体を通して食品は多くの異なるガラスや鋼と接触する可能性があり、特定のガラスや鋼をより具体的に識別することは、汚染物質の発生源を特定する上で、分析する者にとっては価値があることです。EDS X線分析の定量分析手順を利用することで、特定の鋼やガラスを特定して汚染物質の組成を知ることができ、汚染源を正確に特定するための追加情報を提供することができます。

農業および食品に戻る

関連する製品

お問い合わせはこちら