オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張
先進製造技術
メタル3Dプリンティング

付加層製造(ALM)は、新しいプロセスやワークフローが提案され、絶えず進化している製造方法です。プロセスの背後にある基礎科学を理解することで、提案された新しいプロセスが単なる経験以上のものになることを可能にします。

粉末ベースの付加製造で発生する接合プロセスは、必ずしも十分に理解されているとは言えません。ALMの性質上、接合プロセスは3次元で発生しており、これを理解するためには3次元での解析が必要となります。プロセスを理解する能力です。

銅粉を無加圧焼結で接合しました。粉末の緻密化、結晶粒の成長、異なる粉末粒子の微細構造がどのように相互作用するかを理解するために、生成された金属の微細構造を3DのEBSDで特徴付けました。これは、ある粉体粒子から別の粉体粒子への粒の成長、空隙の位置、およびプロセス中にテクスチャが進化するかどうかを示しています。

無圧焼結銅の3D再構築では、別々の粉末粒子がどのように結合して1つのピースを形成するかを示しています。

画像提供: Tim Burnett - University of Manchester

先進製造技術に戻る

関連する製品

お問い合わせはこちら