オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

Ultim® Max

大面積SDDセンサー搭載EDS検出器

UltimMaxは、次世代のシリコンドリフト検出器(SDD)です。最大のセンサーサイズと Extreme エレクトロニクスを組み合わせることで、比類のない速度と感度を実現します。


お問い合わせ

Ultim Max は、次世代のシリコンドリフト検出器(SDD)です。最大のセンサーサイズを Extreme エレクトロニクスと組み合わせることで、比類のない速度と感度を実現します。

Ultim Max の大型 SDD センサを使用することにより、精度を犠牲にすることなく、同一時間内に最大 17 倍も多いデータを収集することが可能となります。より広い領域のマップ、各データポイントの統計精度の向上、データのより迅速な収集、あるいは最小のナノ構造の解析など、いずれの場合においても SEM におけるX線分析のための究極のソリューションです。

Speed - ExtremeエレクトロニクスとX4パルスプロセッサの組み合わせにより、Ultim Maxは1,500,000 cpsでのマップ分析と400,000 cpsでの正確な定量分析を実現します。

Sensitivity - 検出器サイズが重要です。Ultim Maxの100mm2と170mm2の大面積センサーを使うことにより、最も厳しい分析条件においても高いカウントレートを実現します。

SEM用EDS分析ソフトウェア 

TEM用EDS分析ソフトウェア 

ダウンロードセンター

AZtecLive & Ultim Max

AZtecLiveはリアルタイム組成イメージングによって、EDS技術を静的なものから動的な技術へ変革します。AZtecLiveは大面積センサーとExtreme電気回路系を組み合わせた次世代SDDセンサーによって、比類なきスピードを感度を提供します。

Download
SDD Explained

このガイドはSDDハードウェアがどのようにX線を検出・計測し、それを正確で信頼性の高い解析のためにEDSソフトウェアで使われる信号に変換するかを説明しています。

Download

その他アプリケーション

積層造形(3Dプリンター)清浄度管理食品製造・土壌汚染判定ケミカル・分子構造測定土壌汚染摩耗分子分析(ジェットエンジン)射撃残渣分析検査・プロセス制御品質管理・ケミカル判定電子顕微鏡充填特性評価偽造医薬品