オックスフォード・インストゥルメンツツの一部
拡張

OmniProbe 400

OmniProbe 400 は第 9 世代のナノマニピュレータで、最新技術のピエゾ駆動方式を採用し、このクラス最高のナノスケール位置決め精度を実現しました。フレキシビリティを重要視するとともに、高い解像度と高いスループットが求められるアプリケーションに最適なナノマニピュレータです。


お問い合わせ

OmniProbe 400 は第 9 世代のナノマニピュレータで、最新技術ピエゾ駆動方式を採用し、このクラス最高のナノスケール位置決め精度を実現しました。フレキシビリティを重要視するとともに、高い解像度と高いスループットが求められるアプリケーションに最適なナノマニピュレータです。

43 性能 (パフォーマンスは4の3乗)

SEM におけるナノスケールのマニピュレーション操作と観察、多彩なリフトアウト機能を活用した サンプル作成、などを最適な作業距離を保ちながら容易に実行いただけます。

  • 4 自由度 (X、Y、Z、R)
  • 4 mm の Min.作業距離
  • 4 つの優れた機能: エンコーダ分解能、モータ分解能、再現性、リニアリティ
正確性

ナノメーター分解能のピエゾアクチュエーターと10nmクローズドループエンコーダーが、業界をリードする正確さとリニアリティ、スムーズな動作を実現します。

スピード

自動制御が最小限のステップで結果を出せます。

  • 挿入位置の再現性がチップの再アライメントが必要ありません。
  • チャンバーベントすることなく3分でチップを交換。
  • 同心円回転がチップ先端を尖らせたり、クリーニングすることができる他、試料の再ポジショニングを可能にします。
  • 試料に近接した保存済の位置やパーク位置へ、安全かつ正確にナビゲート。

正確なクローズドループフィードバック制御

OmniProbe 400はクローズドループ制御を採用し、滑らかな動きと正確性、高度なインテグレーションを実現しています。 さらに非常に高い動作分解能のために、OmniProbe 400はモーター制御の同心円回転機構と、チャンバー内での素早いチップ交換を標準で搭載しています。:

  • 非空気圧式の挿入と格納で不安定な試料にも穏やかな制御
  • 高い信頼性、リニアリティ、再現性
  • 任意の対角線方向への動作 (omnidirectionality)
  • 任意の試料傾斜に対して直角にナビゲート
  • 特定の角度に試料を素早く位置決め
  • 長距離にわたって滑らかで正確にマニピュレーションを実行
  • プローブが視野の外側にいたとしても、プローブチップがどこにいるかを常に把握
  • どのポートに搭載しても予想通りの動作
  • 位置を設定可能でオペレータの負担を軽減し、成功率を向上
  • 衝突を回避
  • 同心円状に回転
  • チャンバー内でチップ交換

In-situ チップ交換
  • 電子顕微鏡のチャンバーをベントすることなく、プローブニードルを3分で交換可能です。
  • 大気によるコンタミを防ぎ、最高性能を発揮するために高真空を維持できます。
  • チップに取り付けた試料は後々の使用のために安全に格納でき、複数ユーザーでも処理能力を維持します。

同心円回転

チップは視野内に維持され、試料の喪失や不意なベントの危険性が無く素早くチップ先端を先鋭化や試料方向の再設定ができます。

  • 1度以下の位置正確性
  • ニードル寿命を拡張
  • オーミックの性質を示すように鋭いチップを生成
  • ファンデルワールス力を使ったナノ粒子のマニピュレーションのマイクロチップを準備
  • Plain-View、Side-View、裏面処理のために試料方向を設定

ダウンロードセンター

OmniProbe 400

This brochure goes into the features and benefits of our flagship nanomanipulator, the OmniProbe 400

Download

ご興味ございますか?

その他アプリケーション

バッテリー技術太陽光発電技術低次元構造の物性評価