オックスフォード・インストゥルメンツツの一部
拡張

AZtecICE: 最新EBSDデータ解析ソフトウェア

より良い品質のデータを収集することは、EBSD分析の第一歩です。AZtecICEは取得したEBSDデータを処理・解析するために必要なツールのすべてを提供し、分析材料に関する問題を解決します。AZtecHKLにシームレスに内蔵されるとともにスタンドアローンのプログラムとしても動作可能なAZtecICEは、エキスパートまたは初心者の方にとってもEBSDデータ処理のスタンダードとなります。

  • 高速かつ大容量のデータ処理に最適化

  • 選択可能な分析モードと共に表示される直感的なレイアウト

  • マップと極点図表示・詳細解析

  • 様々な微細構造応用解析ツール

  • インテリジェントなデータハンドリングと材料設定


お問い合わせ

AZtecICEは電子線後方散乱回折(EBSD)で取得したデータを処理するソフトウェアパッケージです。EBSDを初めて扱われるお客様が簡単に使用できるようにデザインされ、また熟練されたお客様がご要望される、材料をより深く解析する応用ツールとしても設計されています。EBSDデータ解析に必要な機能はAZtecICEが提供します。

Flexible

  • 全ての材料を解析するための解析ツールと先進的なデータ表示
  • 複数のマップを作成、重ね合わせ表示(マップ数の制限なし)
  • ラップトップPCからワークステーションまで、すべてのコンピュータで動作

Fast

  • クォータニオンをベースとしたアルゴリズムで、高速データ処理
  • AZtecで取得したどんなサイズのデータセットでも簡単に処理:最大のデータセットでも数秒で処理
  • 速い再読み込みのために関連性のあるデータと設定は各プロジェクト内に保存

Intelligent

  • ボイド検出やGND密度計算、ディスオリエンテーション角度等、インテリジェントなルーチン解析に対応
  • ASTMスタンダードに合わせたグレインサイズ解析(10の表示オプション)
  • 全ての材料に合わせたデフォルト設定

データマネジメント

  • HDF5データフォーマットに対応 (*.h5oina)
  • AZtecから直接データ出力、起動
  • デモデータセットと使いやすいヘルプシステムを内蔵
  • 読み込んだデータのビジュアルプレビュー
  • マップ、極点図、計測データ、サブセット等をすべて保存可能
  • 自動ボイド・クラック検出を内蔵した、先端的なデータクリーニング機能
  • 6400万ポイントまで対応したクオータニオンベースの高速処理
  • 新しいデータセットを開いた際に、方位と結晶相マップ、極点図、グレインサイズを自動計算
  • AZtecICEのどの画面においてもイメージとデータをエクスポート

ユーザーインターフェース

  • AZtecのようなテーマや画面構成で直感的に操作可能
  • 複数かつユーザーが選択可能な表示モードで、解析に必要な機能にアクセス
  • プロジェクトツリーと設定画面を分離でき、データと分析ツールを簡単に操作可能
  • メイン表示画面を切り離し、複数のモニターに表示可能
  • 様々な解像度を選択でき、作業しやすいように自由に拡大・縮小

マップ表示・解析

  • タブまたはタイル状のマップ表示
  • 複数のマップ操作モード(ポイントデータ表示、グレイン選択、プロファイル計測、サブセット作成)
  • コンパクトな凡例表示、マップに合わせてエクスポート可能
  • 単独のマップから複数のレイヤーを作成可能 – マップ数に制限無し
  • 作成・カスタマイズ可能なマップレイヤー
    • パターンとミスフィット
    • 結晶方位カラー
    • テクスチャコンポーネント
    • ひずみ(GND密度、Kernel Average Misorientation等を含む)
    • EDS元素分布
    • グレインサイズ、形状、粒内方位分布
    • 粒界 / サブ粒界 / 結晶相界
    • 特殊粒界(双晶、CSL粒界)
    • 特定の方位関係
  • 全てのマップ値と分布を表示
  • ミスオリエンテーションプロファイル解析ツール(プロファイルの幅変更可、複数のプロファイルを表示)
  • 粒界方位差解析

テクスチャ解析

  • カスタマイズ可能な極点図
  • カスタマイズ可能な逆極点図
  • 色や投影方法等、ユーザー定義可能な極点図/逆極点図
  • Pole plotの計算と表示
  • Sample symmetryの選択
  • 試料マウントずれを補正するデータ回転機能

グレインサイズ解析

  • ユーザー定義可能なグレインサイズ計測
  • 高速処理アルゴリズム – 20,000グレインの計測 < 15s
  • 複数のグレインモデル表示
  • グレインサイズヒストグラムの表示
  • ASTM E2627標準に従ったグレインサイズナンバーの表示
  • グレインサイズリストをフィルタリングし、データのサブセット化が可能

データサブセット機能

  • AZtecICEによるデータの詳細な解析ツール
  • サブセットは複数の方法で定義可能:
    • マップから定義
    • 極点図/逆極点図から定義
    • フィルタリングしたグレインリスト
  • 自由度のあるサブセット操作ツール (形状 / 組み合わせ / 結晶相)
  • サブセットは新規データセットの作成にも使用可能

ご興味ございますか?

その他アプリケーション

ナノマテリアルの物性評価バッテリー技術太陽光発電技術低次元構造の物性評価発光デバイスの製造と評価ロックコア分析太陽系外惑星発見X線透視法 - トモグラフィーとマイクロCT